子育て支援課トップページ > 食育について > 長門市の食の現状

長門市の食の現状

長門市の食の現状

「食」に関する市民アンケート調査結果

  • 若年層の男性(特に30代)に朝食を取らない人の割合が高い
  • 家族そろって夕食を取るひとの割合はおよそ7割
  • 郷土料理や伝統料理など、次世代に伝えたいものがあるひとはおよそ6割だが、伝えたいものがないまたは知らない、わからないひとが3割以上
  • 地元産の食材を積極的にまたは、目につけば購入するひとはおよそ6割

出典:長門市「食」に関する市民アンケート調査
   平成25年7月実施 回収数1,014人 回収率45.2%

「食育」とは

食に関するさまざまな知識と安心・安全な食を選択する力(食べ力)を習得し、「食べる」ことを通じて心や身体の関係について考えるという意味と、健全な食生活を実践することができる人間を育てるという意味が含まれています。

【問い合わせ】
健康増進課(長門市保健センター) TEL0837-23-1132
                    または1133

ページトップへもどる 子ども未来室携帯サイト