子育て支援課トップページ > 子育てガイド > 児童手当

児童手当

児童手当

 児童を養育する人に手当を支給することにより、家庭における生活の安定と次代の社会を担う児童の健全な育成及び資質の向上を図るための制度です。

・対象者

 中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の間にある児童を養育している方。 

 1. 児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。 

  (留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。)

 2. 父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給します。

 3. 父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内で児童を養育している方を指定すれば、
  
  その方⁽父母指定者₎に支給します。

 4. 児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。

 5. 児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の

  設置者や里親などに支給します。

・手当支給額

  〇 0~3歳未満(一律) 15,000円

  〇 3歳以上小学校修了前

     (第1子、第2子)   10,000円

     (第3子以降)     15,000円 

      ※第3子以降とは、18歳未満の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。 

        18歳以上の児童については対象となりません。


  〇 中学生(一律)     10,000円

  〇 所得制限限度額以上の方(特例給付)   5,000円

  ※毎年2月、6月、10月の各月10日に前月までの4か月分を指定の口座へお振込みとなります。

   (10日が金融機関の休日にあたる場合は休前日の金融機関の営業日となります。)

・所得制限額

  世帯の所得ではなく受給者本人の所得が対象です。

扶養親族等の数 所得制限限度額 扶養親族等の数 所得制限限度額
0人 622万円 3人 736万円
1人 660万円 4人 774万円
2人 698万円 5人 812万円
 
※所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族がある者についての限度額は上記の額に当該
 老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額
※扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額は、5人を超えた1人につき38万円(老人控除対象配偶者
 又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額
 

・手続き方法 ※公務員の方は勤務先での手続きとなります!

 長門市役所および各支所(油谷は保健福祉センター)の児童福祉担当窓口または各出張所に備え付けの申請書で手続きしてください。

 平成29年11月13日(月)からマイナンバー制度の「情報連携」によって、一部の添付書類が省略可能となりました!

【省略できる添付書類】
  ・所得課税証明書
  ・住民票の写し(注)平成30年7月以降に省略が可能となる見込みです。

 ◆ 出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合

  ・請求者の健康保険証
  ・請求者本人の振込口座の通帳
  ・印鑑
  ・1月2日以降に転入された場合、1月1日時点の住所地で発行する父母の所得課税証明書原本
  ・児童の属する世帯員全員が記載されている住民票(請求者と児童が別居している場合)
   
   ※児童手当の手続きにマイナンバー(個人番号)が必要です!
   平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の手続きに個人番号の提示が必要となります。
   申請手続きの際は、「個人番号が確認できる書類」と「身元確認ができる書類」を必ず持参
   ください。 
 
  〇請求者(本人)が申請する場合に必要なもの
  ・請求者と配偶者のマイナンバー通知カード
   (請求者と児童が別居している場合は児童のマイナンバー通知カードも必要になります)
  ・請求者の本人確認(免許証など)できるもの
  
  〇請求者以外(代理人)が申請する場合に必要なもの
  ・請求者からの委任状
  ・請求者のマイナンバー通知カード
  ・代理人の本人確認(免許証など)できるもの
 
 ◆ 2人目以降の出生等により養育するお子さんが増えた場合
 
  ・印鑑

  ※注意事項
  ・原則として申請した月の翌月分の手当から支給します。
  ・出生日や転出予定日が月末に近く、同月内に申請することができない場合、出生日等の翌日
   から15日以内(15日目が土日・祝日・年末年始の閉庁日の場合は、翌開庁日)に申請を
   すれば、申請月分から手当を支給します。
  ・請求の手続きが遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなりますのでご注意ください。
 
 ◆ その他手続きが必要な場合(例)

  ・婚姻、離婚等により受給者が変わる場合
  ・死亡等により養育する児童の人数が変わった場合
  ・受給者または児童が転出する場合
  ・公務員になった、もしくは公務員でなくなった場合
  ・長門市内で住所が変わった場合
  ・受給者または児童の名前が変わった場合
  ・児童が施設に入所した場合
  ・振込先口座を変更する場合
 

・現況届

 現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件を満たしているかどうかを確認するためのものです。該当となる方へ5月下旬に現況届のご案内を送付しますので、期限内に提出してください。提出がない場合は6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

【お問い合わせ先】

 市民福祉部子育て支援課 電話0837(23)1156

ページトップへもどる 子ども未来室携帯サイト